BINANCEでハッキング?実は大口自動売買ツールのBotハックが原因か?

今朝起きてみるとものすごいメッセージ着信が!

なぜ?と思っていたら、BINANCCEで不正アクセスによる売買が行われてしまったようなのです。

いつ起こったのか?

昨日の夜中のことです。
それは、22:30頃起こりました。

BINANCEで、暴騰した誰もしらないような草アルト暴騰→売りが起こりました。
その倍率なんと100倍!!

1瞬で暴騰したアルトコインVIAは大量に売却されてしまいます。
そこまでにかかった時間、なんと3分。

一体何が起こったのでしょうか?

勝手に保有アルトが売られ、聞いたこともないコインを買わされていた!

あるユーザーがふと気がついてアカウントを確認すると、そこには自分保有のアルトコインがすべて売却されて、大量のVIAコインを購入している履歴が残っていました。

当然VIAコインの今の価値は・・・。

一瞬にして、資産がなくなってしまったのです。

しかも勝手に。

ハッキングされたのか、フィッシングによる被害なのか…。

一時、アカウントが停止されログインできない状態にまで発展しました。

BINANCEの対応は早く、現在ログインすることができます。

その時何が起こったのか。

大筋はこういうことのようです。

・自動売却ツールなどでBotにAPIキーを渡していた。
・APIキーを使ってBINANCE保有のアルトコインをすべて売却。
・売却してVIAというコインを購入。
・事前に仕込んでいた犯人が爆上げしたタイミングで全売り。
・保有VIAがクズコインに。

つまり、不正出金などではありません。
BINANCE側にしてみれば、お客さんが売り買いした。
それだけの現象なのです。

しかし、顧客側にしてみたら、不正にAPIキーを使われてしまったわけです。
不正じゃないのか?と。

☆APIキーってなんでしょうか。

自動売買ツールなどを使う場合そのプログラムにAPIキーを渡します。
当然そうしないとプログラムが自動で売買などしてもらえるわけがないですね。
次に自動売買ツールのBotがログインして売買を代行してくれます。
自分は何も考えなくてもロボットが売買してくれる夢のようなツール!

今回はこのBotに渡したAPIキーを不正に取られてしまったことが原因ではないかと言われています。

APIキー自体は、アプリで取引所と連携するときにも使われていますので、本当に自動売買ツールが原因かはBINANCEの発表を待たないといけませんが、APIキーの取扱には注意したいですね。

◇BINANCEのAPIキー削除手順
1. メニューから「Account」を選択
2. 左下の「API Settings」ボタンを押す
3. 画面遷移後、「To get started with the API, create a new key.」という文が表示されていれば、APIキーは「作られていない」状態
4. APIキーがある方は「Delete」からすべてAPIキーを削除する

BINANCEのアカウントをお持ちの方は一度資産とAPIキーを勝手に作られていないかなど確認してみてくださいね!!

BINANCEによる発表

自動翻訳

バイナンスはすべての不規則な取引を取り消しました。すべての預金、取引および引出しが再開されます。まもなく起こったことのより詳細な記述を書くでしょう。興味深いことに、この試みの間、ハッカーはコインを失った。これをBinance Charityに寄付します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください