ビットコインのバク上げの要因はやはり仕込みありとみるべき【今日の一言:20180413】

4月12日に起こったBTCの爆上げは、たった1時間のうちに11万円の上昇を記録しました。
このことは大きくニュースとして取り上げられ、ビットコインの高騰再び?と市場は盛り上がりました。

しかし、この様に瞬間的に急激に上げたときにはそれが『シテ』と呼ばれる仕込み相場を警戒するものです。

昨日のこのバク上げもきっとそれだろうと警戒し、見守っていたのは私だけではないはずです。

今朝、この爆上げが、あるニュースによるものであるとアチラコチラで噂され始めました。

それは、イスラム法で、仮想通貨が認められた、というもの。

イスラム法?認められる??

一体どういうことなのでしょうか?

シャイリーア(イスラム法)の原則では、利息の支払いを禁じていることに加え、現物資産に基づくリアルな経済活動を重視しており、純粋な金銭的投機には難色を示している。

つまり、仮想通貨は、この利息の支払いを行う、金銭的投機に当たるので違法である、との考え方なんだそうです。
また、仮想通貨自体が通貨として認められていないこともあり、大々的に仮想通貨に参入できなかったよう。

これが、大丈夫そうだ、という方向での議論がなされている、というニュースでした。

大丈夫だ、ではなく、大丈夫かもしれないよって話し合ってるよ、というニュース。

「認めた」とは程遠いように感じますが、このニュースを組織が利用したのではないか、と見る人が多いようです。

イスラム教徒は世界中に多くいます。
この人たちが表立って参戦するには、イスラム教義に反していてはいけないのです。

そこをうまく使ったのですね。

認められたってサ、だから資金が流入したんだネ、
だから大丈夫だよ!みんな買おうよ!爆上げてるヨ!

そこでもう一度相場を見てください。

上げてますね。
まだ、ウリドキではないのです。

ではウリドキは??
5月連休くらいかな???

なら、そこまでは上げ相場!

ということですね!たぶんね。

※投資は自己責任です!

今日の一言でした。

記事引用元:https://jp.reuters.com/article/crypto-currencies-islamic-finance-idJPKBN1HI11N

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください